社員インタビュー

フォトクリエイトに入社した理由を教えてください。
今から10年ぐらい前になりますが、初めて当社のサービス概要を聞いた時「悔しい」と思ったのがきっかけです。
実は私も小学生のころからスポーツに打ち込んでいましたが、その写真が残っていないんです。あんなに真剣に、まさに毎日、血と涙と汗を流して打ち込んできたのに、その姿が残ってない。本当に悔しいと思いました。「もっと早くにこのサービスに出会いたかった」そう思った時、同時に「早く広めなきゃ!」と強く思いました。
直感的に湧いてきたその使命感を信じ、入社を決意しました。
入社当時は社員数も10名程度の名も知れぬ会社でしたが、今思えば、会社の規模や働く人達の雰囲気や社風、業界の成長性など後回しでしたね。
実際に入社してみていかがですか。

事業の内容はとても分かりやすく迷いはありませんでしたが、スピードの早さに驚きました。「倍のスピードで動けば、同じ時間でも倍の経験ができる」ということを体感することができました。
また、様々な働き方があることを認める社風があり、1人1人が最大のパフォーマンスを発揮できる環境を、枠にとらわれず創造していくことが出来ると感じています。
現に今、2人の娘を育てるため時短勤務をしながら部長という重責を担えているのも、「こうあるべき」ではなく「どうやればできるか」を第一に考える社風だからこそだと思います。
現在の仕事内容について教えてください。
営業一部の責任者として、部を適切にマネジメントし利益を生み出すことが私のミッションです。
利益構造を保てているか、取り組みが理念を逸していないかなどあらゆる角度から案件を見ています。部の目標とする数字の推移を見ながら戦略を立て、その手段を若手メンバーや他部署にも分かり易く示すように心がけています。
また、部メンバーが共通の目的意識を持ち、チームが有機的に機能するよう体制を整えるとともに一緒に部運営に携わるユニットリーダーの育成にも力を入れています。
現在の業務のやりがい、面白さを教えてください。
マネジメントも事業戦略も、面白さは「打てば響く」といったところでしょうか。
しっかり向き合い思いつく限りの行動を仕掛けてみる。それが思うようにいった時はもちろんですが、そうでなくても真剣に向き合った分、明確な課題が見えてきます。そうしてまた具体的な改善案を考えてトライする。単純なPDCAサイクルのように見えますが、メンバーの発想、行動がプラスされていくと、螺旋階段を上がるように成長を感じられます。
仕事面や社会人としての今後の目標を教えてください。

これからの時代、結婚し子どもを産んでも働き続けたい女性が増えるでしょうし、育児や介護などで働ける時間を制限される人も増えるはずです。
「子どもが小さいから」「時短だから」といった理由で、何かを諦めてしまう人を増やしたくない。
“出来ない理由を並べるより、出来る方法を考えた方がはるかに楽しい”
そして、捉え方ひとつで“子育ても時短も全て強みになる”と言う事を、当社におけるワーキングマザーの先駆けとして示していきたいと考えています。
フォトクリエイトにご応募いただく方に向けてメッセージをお願いします。
自分を過小評価することなく、過大評価することなく、素直に向き合って欲しいと思いますね。社会において過小評価は歩みを止め、過大評価は成長を止めてしまうんです。
今の自分と向き合って想いを成し遂げれる企業に出会って欲しいです。
お互いの成長を自慢し合えるような人と一緒に働けると嬉しいです。

ページの先頭へ

本サイト掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
© 2002 Photocreate Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.