社員インタビュー

フォトクリエイトに入社した理由を教えてください。
子どもが好きで、子どもたちが笑顔になれる仕事がしたいと思っていました。実際に社員と会って話を聞くうちに、この会社なら子どもたちの笑顔や真剣な表情など、多くの思い出をカタチにして残していける魅力があると感じたんです。
初めての試合や初めての遠足、ホームランを打った活躍や、親御さんから離れて出かける緊張感など、その瞬間にしか現れないものを残していけるって、素敵じゃないですか。
それにフォトクリエイトはマラソン、野球、チア、ダンス、バレエなど多くの種目の撮影をしているので、季節や年齢を問わず多くの方々と触れ合い、笑顔になっていただけることに魅力を感じ、ここで働きたいなと強く感じました。
実際に入社してみていかがですか。

ある程度自分の意志で自由にやらせてくれるところが凄く自分に合っていました。言われたことをするだけでなく、自分がどうしたいのか、なぜそう考えたのかを強く意識するため、「責任もって仕事してるんだ」「しっかりしなきゃ」と背筋が伸びます。もちろん、わからないことは訊けば丁寧に教えて貰えますが、仕事を通じて自分で考える力を養えるので、成長が実感できます。
また、壁にぶち当たった時も鼓舞してくれる方や、温かく悩みを聞いてくれる方、失敗をフォローしてくださる頼もしい方など、色んな先輩たちに支えられながら仕事をしています。「私もさらに頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。
現在の仕事内容について教えてください。
スポーツ写真事業グループの中でスポーツクラブを担当しています。仕事は主に二種類あります。一つは、撮影できるイベントを探してスポーツクラブに撮影交渉し、どんなカメラマンを手配するのが望ましいかその詳細を確認し詰めていく営業業務。もう一つは、カメラマンにスケジュールやどんな写真を撮ってほしいのか、要望を明確にして間違いなく伝えるディレクション業務をおこなっています。
より多くの方にもっと喜んでいただける写真をお届けし、フォトクリエイトにお願いしてよかったと言っていただけるように何が必要か、いつも考えています。
また、イベントや撮影の内容を正確に把握するため、主催者を訪問したり、現場に足を運んだりもします。カメラマンの考え方や気持ちが少しでも分かるようになりたくて、自分でもプライベートでカメラをもって撮影に出かけたり、撮影研修に参加するなどしています。
現在の業務のやりがい、面白さを教えてください。

サッカーにおけるゴールシーン、新体操での演技最後の決めポーズ、遠足で何気なく楽しそうに話す瞬間。どれもかけがえのない、でも消えていってしまう瞬間です。こうした瞬間をいつまでも残していけることを嬉しく思います。
「感動をカタチに残す」ことに携わっていると感じることは、それ自体が私のやりがいなのかもしれません。
普段は目の前の仕事を何とかクリアすることに集中しがちですが、主催者の方から労いの言葉をいただいたり、お客様から「いい写真だったので、思わず買いました」といったご意見を寄せられた際は、この仕事していてよかったなあ、と胸が熱くなります。
仕事面や社会人としての今後の目標を教えてください。
まだフォトクリエイトで撮影した写真を見たことがない方に、ぜひ、写真を見ていただきたいです。より多くの親御さんにフォトクリエイトの写真を知っていただくためにも、主催者と綿密に打ち合わせ、親御さんの心に届く告知物や、サイトを通じ気軽にアクセスしていただく仕組みを作っていきたいですね。プロが思いを込めて撮った写真は、本当に素敵ですから。
社会人としては、求められたことに求められた通りの成果を出すだけでなく、それ以上に喜んでもらえる+αをつけて返せるようになりたいです。まだまだ未熟で、様々なことを試行錯誤しながら行なっていますが、広い視野を持って仕事ができる人を目指して頑張ります。
フォトクリエイトにご応募いただく方に向けてメッセージをお願いします。
私自身は、「ここであれば自分が責任をもって納得できる仕事に向き合える」と思えたので、フォトクリエイトを就職先に選びました。
仕事をする上で大変な思いをすることはたくさんあります。でも、『感動をカタチにしてすべての人へ』という企業理念が大好きですし、自分が大好きな子供たちが、今はもちろん、将来、幼かった頃の写真を見て元気になってくれると思えば、力が湧いてきます。
あなたにとって本当に自分の元気が出る仕事や場所がフォトクリエイトであれば、こんなに嬉しいことはありません!

ページの先頭へ

本サイト掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
© 2002 Photocreate Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.